記念誌・年史のあれこれ

「小さな会社の物語」お仕事拝見
農業法人の社長さんの物語プロジェクト。田植えが始まったので田んぼの様子を拝見させていただきました。

「小さな会社の物語」始動!
ある社長さんのお話を伺うプロジェクトが始動しました。

後継者へのメッセージ
年史の手法で過去を未来に繋げる、後継者さんへのメッセージの制作をご提案しました。すると…

年史・記念誌 いつ作る?
年史、記念誌を作るタイミングは企業・組織によってさまざまですが、どんなときに作るのでしょう?

2つのタイプの座談会
社史・年史、記念誌を制作して55年。100年越えの企業さんや行政さんの社史制作をさせていただくこともあります。社史・年史、記念誌の制作には座談会を開催することが多いですが、座談会には2つのタイプがあります。

未来に伝える
社史や年史なども、企業や組織の歴史や思いを未来に伝え続けられるものでありたいと思います。

行間と行長
行長によって適切な行間は異なります。

異体字にご注意
「異体字」ってご存知ですか。 異体字をデザインソフトで使用すると、ごく稀に字が変わってしまうことがあります。

デジタルメディアと紙媒体。それぞれのメリット・デメリットがあります。 「まずは見て欲しい」という場合はデバイス不要の紙媒体も作りませんか。

中小企業が社内報や記念誌を作るとき。「座談会やインタビューにカメラマンを立てられない…」でも大丈夫! こんな風に撮影してみてください。

さらに表示する