コンデンスフォント
限られたスペースの中に、読みやすさを損なわずに文字をレイアウトするのが難しいとき。 文字サイズを小さくしていませんか。文字間や行間をギュウ詰めにしていませんか。

文字間で変わる読みやすさ
グラフィックメイトでは、制作物(メディア)をユニバーサルデザインに配慮してご提案しています。 高齢者にとっては、文字や文字の配置の仕方に関すること(=文字組)を改善することでグッと見やすいものになります。

そのチラシ、高齢者に見やすいですか?
メディアのユニバーサルデザインとは、情報を誰にでも見やすく伝わりやすくするための配慮方法です。 これからの超高齢化社会では、高齢者向けのチラシやパンフを見やすく制作することは不可欠となります。

年史・記念誌 いつ作る?
年史、記念誌を作るタイミングは企業・組織によってさまざまですが、どんなときに作るのでしょう?

誤植冊子はなぜできる?
デザインつれづれ · 2021/10/05
微細な誤字脱字などではなく文章全体が違っている冊子。 そんな冊子ができたのはなぜなのでしょう?

色覚の異なる方にも見やすいグラフの作り方
メディアユニバーサルデザインとは「色を区別しづらい方、疾患のある方、高齢の方…それぞれのハンディーキャップにかかわらず、すべての人に正しく情報が伝わるようにする」という考え方です。

デザインつれづれ · 2021/07/05
印刷物やWebに掲載する写真は、最近はスマホ撮影したものを提供されることも増えました。プロの撮影ではないので人物写真で体が斜めになっていることもしばしばです。

ルビ(ふりがな)のサイズと振り方
DTP覚え書き · 2021/07/02
文字サイズに対するルビのサイズは、2分の1が一般的です。 ルビの振り方には「モノルビ」と「グループルビ」があります。

ページ物の基本 綴じ方とノンブル
DTP覚え書き · 2021/06/09
パンフレットやカタログなど、ページ物と言われるものには綴じ方やノンブル(ページ番号)の振り方の基本があります。

編集とは
編集とは材料を取捨選択して制作側の意図や読み手(閲覧者)の視線などを考えてまとめることです。

さらに表示する