色覚の異なる方にも見やすいグラフの作り方
メディアユニバーサルデザインとは「色を区別しづらい方、疾患のある方、高齢の方…それぞれのハンディーキャップにかかわらず、すべての人に正しく情報が伝わるようにする」という考え方です。

デザインつれづれ · 2021/07/05
印刷物やWebに掲載する写真は、最近はスマホ撮影したものを提供されることも増えました。プロの撮影ではないので人物写真で体が斜めになっていることもしばしばです。

ルビ(ふりがな)のサイズと振り方
DTP覚え書き · 2021/07/02
文字サイズに対するルビのサイズは、2分の1が一般的です。 ルビの振り方には「モノルビ」と「グループルビ」があります。

ページ物の基本 綴じ方とノンブル
DTP覚え書き · 2021/06/09
パンフレットやカタログなど、ページ物と言われるものには綴じ方やノンブル(ページ番号)の振り方の基本があります。

編集とは
編集とは材料を取捨選択して制作側の意図や読み手(閲覧者)の視線などを考えてまとめることです。

2つのタイプの座談会
社史・年史、記念誌を制作して55年。100年越えの企業さんや行政さんの社史制作をさせていただくこともあります。社史・年史、記念誌の制作には座談会を開催することが多いですが、座談会には2つのタイプがあります。

未来に伝える
社史や年史なども、企業や組織の歴史や思いを未来に伝え続けられるものでありたいと思います。

行間と行長
行長によって適切な行間は異なります。

異体字にご注意
「異体字」ってご存知ですか。 異体字をデザインソフトで使用すると、ごく稀に字が変わってしまうことがあります。

デジタルメディアと紙媒体。それぞれのメリット・デメリットがあります。 「まずは見て欲しい」という場合はデバイス不要の紙媒体も作りませんか。

さらに表示する