ユニバーサルデザインへの取り組み

 

グラフィックメイトではNPO法人 メディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)協会の認定資格を取得し「MUDアドバイザー」の認定を受けました。

 

 

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)とは…

 「MUD(Media Universal Design)とは、さまざまな情報が高齢者・障がい者・色覚障がい者、外国人などにも、見やすく、伝わりやすくするための配慮手法です」

NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会Webサイトより

 

 

社会にはテレビや新聞・雑誌・書籍、WebサイトやSNSなどの視覚メディアがあふれていて、我々は情報の87%を視覚メディアから得ていると言われています。しかしデザイン、文字の大きさや書体、色使いなどに配慮がなされていないために情報取得に不便を感じている方が増えています。

弱視の方、色覚障がいの方、白内障などにより色覚の低下した方を数えると、色の感じ方が一般の人とは違う方が日本国内に500万人以上いると考えられています。そしてこれからの高齢化社会では、加齢によって視覚情報の取得に不便を感じる方はますます増えてくると言えるでしょう。

 

そういった方たちも含めて、より多くの方に必要な情報を正確に伝えることがとても重要になっています。

 

グラフィックメイトでは、デザインや色の使い方、書体や文字のサイズなど、様々な配慮や工夫をして、誰にでも公平に情報をお届けできるメディアデザインをご提案してまいります。

 

*無料で視覚異常(色覚障がい、白内障など)の見え方シミュレーションいたします。

 「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。